交流戦単独首位